ネットショップの時代

インターネットが普及し、モノの売り方も激変しました。実店舗の客離れが加速し、逆にネットショップでの販売が急速に伸びているのです。これまでは、わざわざ実店舗に足を運び、商品を選んでいました。実店舗は、その店舗にある商品が全てです。それ以外は取扱いがないか、あるいは取り寄せとなります。希望の商品が無い場合は、諦めるか商品を取り寄せてもらうまで、長い日数を我慢して待つしかありません。しかし、ネットショップであれば種類も豊富ですし、その店に在庫がなければすぐに他の店舗を検索すればいいのです。

このようにネットショップは買う側にメリットをもたらしてくれました。しかし、売り手からしても大きなメリットがあるのです。ネットは24時間どこにいても買い物ができます。つまり、ネットで店を開くと言うことは即、全国展開ということになります。各都道府県に店を構えなくとも全国のお客に店へ来てもらえるのです。

また、商品の在庫も抱える必要がありません。お客からの注文を受けて、そこから各メーカーに依頼すればいいのです。家賃も在庫も人員も必要ないため、コストを大幅に削減できるのもネットショップのメリットです。このようにネット販売は売り手にとっても魅力的なものですが、ただそこには問題も少なからずあるのです。